新しい提案

行動阻害系状態異常について

0.10.4.0で行動阻害系の状態異常が知力効果判定を取り払い、効果時間を短くする調整がされました
状態異常を通しやすく、その分影響力を弱めるという方向性自体は正しいと思いますが、弄るべきは効果時間ではなく阻害範囲です

スリーピング、テラー、ディスコード、ポーレン、いずれも通れば「行動を阻害される」ではなく、「完全に機能不全に陥る」というところが問題です
特にアクション不可を含むものは実質的に「移動不可」も含んでおり、「行動阻害を受けている間前線を離れる」ような行動選択すら取れなくなり、事実上限りなく「デス」に近いです。
物理/魔法禁止も、多くのクラスはアクションスキルもリアクションスキルも、両方共物理/魔法のどちらかであるので、対応する方を受けた場合、ほぼアクションスキルリアクションスキル全禁止と同義になります

行動阻害系で阻害する範囲は飽くまで「選択肢を削る」「特定の行動をさせない」程度に抑えるべきで、まったく為す術なく木偶になるようなものは1PLが1PCを操作するゲームには合っていません

阻害する範囲縮小の具体的な案としては、
スリーピングであれば「数ラウンドかダメージを受けるまでリアクション不可」「そのラウンドの間アクション不可」「ダメージを受けるまでファンブル増加」
テラーであれば「数ラウンド、ダメージを含む行動を失敗」「数ラウンド、対象者が付与者の行動を失敗」「1ラウンド、移動以外のアクション不可」
ポーレン/ディスコードは「数ラウンド、AP4以上の物理/魔法スキルを失敗」「数ラウンド、物理/魔法/スキルの消費APを2増やす」

また、通しやすくする点に関しては、以前の行動阻害系が通らなかったのは、効果が強烈すぎて通ったらゲームにならない故に、マスターが通らないようにわざわざ調整していただけの話で、
その対策が無ければ、それなりに器用と知力等を上げているキャラクターならそれなりに通っています

だから厄介でもあったんですが、私はひとまず効果をマイルドにした結果マスターが対策しなくて良くなることで結果的に通りやすくなるという形を推したいと思います

4 votes
Vote
Sign in Sign in with QuestNotes
Signed in as (Sign out)
You have left! (?) (thinking…)
ド味噌汁 shared this idea  ·   ·  Flag idea as inappropriate…  ·  Admin →
completed  ·  AdminQuestNotes (develeop, QuestNotes) responded  · 

提案ありがとうございます。
Ver0.10.4.2にて
こちらの提案をベースに以下の通りに修正しました。

メイジスキル「スリーピング」を消費AP+2、移動不可に変更(睡眠から微睡に変更)
ウォーロックスキル「テラー」を移動以外のアクション時の消費AP+2に変更
ドルイドスキル「ポーレン」を物理スキルの消費AP+2に変更
バードスキル「ディスコード」を魔法スキルの消費AP+2に変更(沈黙から騒音に変更)

>世界観
「緊張状態であるアクティブシーンでは即座に睡眠して意識を失うわけではないが、特に緊張ではない場面ではそのまま眠りに落ちてしまう(行動となる)こともある。」という感じで受け取っていただければ助かります。

以上、よろしくお願いいたします。

1 comment

Sign in Sign in with QuestNotes
Signed in as (Sign out)
Submitting...
  • ( ˘ω˘) commented  ·   ·  Flag as inappropriate

    "スリーピング"の魔法は、対象を眠らせることができるという便利な効果を持つため
    クエストの展開づくりのために使われることも多い魔法で、
    このような魔法があるという認識は
    クエストノーツの世界観に根付いていると言っても過言ではないと思います。
    そのため、最低でも"ある程度の時間行動ができなくなる"という効果は
    味付けのために残していただけることを切に願います。

Feedback and Knowledge Base