新しい提案

アイテムの性能の調整

1.ラウンドシールドの強化
└他2種の盾と比べて、完全な下位互換ではないがラウンドシールドを装備したほうがいい状況やキャラクターが限りなくゼロ。

2.両手武器の強化
└片手武器と比べた性能の高さが盾を持てないのに見合っていない。多くの場合で体力や敏捷を盾分落として筋力を上げることでDEF軽減がある分ほぼ(ATKダイスの数が違うがダメージ期待値は上)上位互換になる。

3.アーバレストの救済
└熟練ショートボウの完全下位互換となっている。

4.剣と鈍器の間の強さの調整
└ファルシオンとフレイルに於いては等価、クレイモアとウォーハンマーに於いては能力値換算で剣の方が+1分強いと統一されていない。

5.剣と短剣の間の強さの調整
└PCのレベルが高くなったことで能力値の占める割合が高くなり、基本的に剣より短剣の方が威力が出るようになっている。片手剣と両手剣に大差がないのもあるが、簡単に両手剣をも越える。

6.ブーツの調整
└回避型ではシューズを装備して体力を上げた方が得なのでプレートメイルなどで回避をあまり重視しないキャラしか装備しないが、その場合DEF2の頃と比べ弱体化している。

個人的には上のものほど重要

16 投票数:
投票
ログイン
チェック!
(考え中...)
リセット
または、これでログイン
  • facebook
  • google
利用規約に同意する
でログイン (ログアウト)
残っている投票数: (?) (考え…)
つぶあんマーガリン がこのアイデアを共有しました  ·   ·  管理:
完了  ·  AdminQuestNotes (develeop, QuestNotes) が回答しました  · 

提案ありがとうございます。
ver0.8.9.1にていくつかの対応を行いました。

2.両手武器の強化
└片手武器と比べた性能の高さが盾を持てないのに見合っていない。多くの場合で体力や敏捷を盾分落として筋力を上げることでDEF軽減がある分ほぼ(ATKダイスの数が違うがダメージ期待値は上)上位互換になる。

両手武器を装備した際にSTRボーナスのATK反映率を0.5倍追加しました。

5.剣と短剣の間の強さの調整
└PCのレベルが高くなったことで能力値の占める割合が高くなり、基本的に剣より短剣の方が威力が出るようになっている。片手剣と両手剣に大差がないのもあるが、簡単に両手剣をも越える。

短剣のATK反映率が少し良すぎると感じたため
短剣のDEXボーナスのATK反映倍率を1倍から0.5倍に変更しました。

その他の項目についてはまた折を見て検討させていただければと思います。。。
ひとまずこちらの提案につきましては、完了とさせてください。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメント数 3

ログイン
チェック!
(考え中...)
リセット
または、これでログイン
  • facebook
  • google
利用規約に同意する
でログイン (ログアウト)
送信しています...
  • きぬごしみかん がコメント済み  · 

    両手武器の強化が入るとのことで、改めてこちらにコメントを。
    現在片手武器のうち、短剣とそうでないものを比べると、HITや火力は
    片手武器<短剣
    となりがちです。特にHITはマスタリーで補えますが、流行りのビルドを見ると火力は短剣が大きく上回るケースが多いです。
    そこで両手武器と併せて、片手武器の調節も考えて頂ければ幸いです。
    私の案と致しましては、
    ①単純に固定値を増やす。
    ②短剣の計算式をマイルドにする。
    といった所です。(下方修正は極力しない方が良いとは思いますが…)
    以上です。よろしくお願い致します。

  • jam がコメント済み  · 

    ラウンドシールドですが、物理防御を上下させたところでまた「今度はあっちの盾の方が弱くなった」となることは目に見えていますので、MDEFもしくはMATK軽減値をつけてはどうでしょうか。
    MDEFの上がる盾は今のところないので、独自色が出て使う価値が出てくると思います。

  • きぬごしみかん がコメント済み  · 

    ラウンドシールドはカイトシールドと組み合わせれば、使えないことはないですが、単体で活用することはまずありません。
    両手武器に関しても、盾との組み合わせがバランスよくなりがちなので、実質ロマン装備と化しています。
    更に、ゲームの性質上、筋力と器用を合わせて上げる場合が多いため、ATKが短剣>その他の片手武器になる場合が極めて高いです。
    以上を考えて、私もアイテムの性能を調整して頂ければなと思います。(出来れば全体的に上方修正が有り難いです。)

フィードバックとナレッジベース