I suggest you ...

カウンタースペル調整要望

カウンタースペルの調整を希望します
消費APを1に
もしくは素の効果に+1d

これは上げ難い抵抗を補うには効果が低く
その効果を発揮させるには
選択肢に入れづらいというのと

抵抗自体がAP1で発動するというのに
支援として扱うにAP2は扱いづらさに疑問が残るという点です

どうかご一考の程を。

17 votes
Vote
Sign in
(thinking…)
Password icon
Signed in as (Sign out)
You have left! (?) (thinking…)
Anonymous shared this idea  ·   ·  Flag idea as inappropriate…  ·  Admin →

4 comments

Sign in
(thinking…)
Password icon
Signed in as (Sign out)
Submitting...
  • R・____ commented  ·   ·  Flag as inappropriate

    改めて賛同させて頂きます~。
    FLEE、RESI、どちらもHITに対して参照するステータスですが、
    FLEEに比べてRESIは積みづらく、対抗策が薄いです。

    逆に言えば、カウンタースペルが強力な対魔防御としての役割を持てるようになれば、メイジというクラスの持ち味が増すことは請け合いだと思われます。

  • ミヤビ commented  ·   ·  Flag as inappropriate

    コメントにて抵抗面の純粋強化の意見が多いため、別方面の強化要望として
    ・魔法ダメージをMDEFの半分軽減する
    という効果の追加を提案します。
    これなら、MDEFの低い味方へのダメージ軽減という役割と、自身に使用して抵抗と防御を同時に行えるという独自性が生まれると思われます。

  • R・____ commented  ·   ·  Flag as inappropriate

    vos氏の提案が面白いと思います
    特に、バードのハウリングが実装された現状、通常[抵抗]に使用するRESIで抵抗できるだけのカウンタースペルは、独自性が無いとは言いませんが、はっきり言って「弱い」です。

    また、カウンタースペルは「抵抗力のない味方への支援」として行える側面が強いですが、範囲攻撃等を受けた際、自分は無防備になってしまうため結局他人には使えない、という場面が非常に多いです。

    そこで
    ・自分と対象に、RESIで抵抗判定する
    という修正案を提案させていただきます。
    これなら、自分と味方を同時に援護できるという独自性に加え、自分を対象にして使えば、vos氏が提案された「2回抵抗判定をする」という使い方もできます。
    ぜひご一考を。

  • Anonymous commented  ·   ·  Flag as inappropriate

    決して弱いスキルだとは思いませんが、抵抗は他のステータスを比べて上げにくく、vos様のおっしゃるようにカウンタースペルを必要とする(或いはあると嬉しい)クエストは作りにくい現状です。
    また、カウンタースペルによって、ダメージの半減を試みたとして、失敗のリスクの割にリターンが少ないという現状があります。
    以上より、提案者のおっしゃる要望、或いはvos様のおっしゃるような、強化案を支持します。

Feedback and Knowledge Base